コレステロール値を下げないと大変なことに

手遅れになる前にいつもから対策をしておきたいものです。

一例を挙げれば運動不足がたたると悪玉コレステロールが溜まるようなので、食生活だけでなく運動不足決着もいつもから意識していきたいものです。

なお生活習性病には他に心筋梗塞や脳卒中、、脳梗塞、高血圧といったものもありますが、これもコレステロールを取りすぎないようにする事で阻止が出来ます。

しかも私本人が嬉しい好き嫌いもなく、どういったものでもおいしく食べられるのでできるだけ野菜や海藻類を数多く取り、いつもからバランスの良い食事を摂取していくよう心がけています。

そのようなコレステロールというと肉類中心の暮らしや脂っこいものなどの栄養バランスが悪い食事がきっかけだというのが真っ先に考え浮かびますが、食生活以外にも悪玉コレステロールが溜まるきっかけは諸々とあるようです。

こうして思いめぐらす と悪玉コレステロールを体に溜めないためには、不摂生な暮らしをしないという事がナンバーワンです。

またアルコールの入ったお酒の飲みすぎやタバコの吸いすぎなどもそのきっかけとなるようです。

私の知り合いに数年前、不摂生な暮らしがたたり、高血圧だと見立てされ、それ以来どんどん血圧を下げるクスリを飲み続けている人がいるのですが、その人も脂っこく濃い味付けの食事を長年続けていたそうです。

暴飲暴食をせず、程よくに体を動かし、健康的な暮らしを送る事で自ずと生活習性病防止や対策になります。

コレステロールが体に溜まるとメタボや動脈硬化、糖尿病といった生活習性病になる懸念があります。詳しくはこのサイト